FUJIOKA TAKAYA

  • リーダー
  • エリアマーケティンググループ

Profile
近畿大学卒業後、2013年入社。
リクルーティングプランナーとしてキャリアをスタートさせる。
もともとは中学・高校の教員志望。まずは社会を経験してからとインオーダーに入社。
「人」と「人」のつながりや関係性の中で起こる変化、可能性に面白みを感じている。
失敗を繰り返しながらも、一緒に働くメンバーに支えられ、続けてこれたからこそ、次は自分がそんな存在になりたいと思い、日々奮闘中!

人は変化が起きる瞬間がおもしろい

中学時代の部活動は野球。
小学生から野球に取り組んでいた私ですが、当時のチームは弱小といって良いレベル。

地元の中学に進学したためメンバーもそのまま中学校に上がり、当然のように野球部に入部しました。
中学生になると、遊びや勉強それぞれが、取り組みたいことも増えてきます。
中には少しやんちゃもしたくなる。
エネルギーに溢れたメンバーが揃い、中学生ならではの問題も多々起きました。

そんなメンバーの心を一つにしたのが当時の顧問。
学校で部活動自粛期間(テスト期間など)などを除いて、毎日練習に付き合ってくれました。
「本気で取り組む先のおもしろさ」「一生懸命に取り組む人を馬鹿にしない」そんなメッセージは
当時のメンバーの心に変化を起こし、
徐々にメンバーの表情や生活態度にも変化が。
一生懸命に取り組むことを見つけると人は変わることを体感し、
「人の本気は思いは伝搬する」
「人は一生懸命になれるものを見つけると変わる」
この2つを心と体で感じました。

そんなメンバーと一緒に取り組んだ中学時代は、今の自分の原点になっています。

人間万事塞翁が馬

中学時代の経験から、そのまま高校野球へ打ち込みます。

満足の行く結果は出せなかったものの、色んな出会いがあり、悔しい思いも楽しい思いも沢山体験させてもらい充実した日々を過ごしていた最中、「潰瘍性大腸炎」という病気を患います。

少し前まで、思いっきり野球に打ち込めていたのに、練習さえも参加できない日々が続きました。何とか最後の大会には出場でき、卒業もできましたが、卒業と同時に入院生活へ。

19歳・20歳の青春ど真ん中を病院で過ごし、このままどうなるのか?
と漠然とした不安の中で過ごしました。
その時に感じたことは、「何も起きない日々は物足りない」ということ。
「なんで自分だけ」「このままずっとこの状態だったらどうしよう」とネガティブに考えてしまうこともありました。

何とか体調も回復し、大学へ進学した私に待っていたのは、前年までとは想像も付かないくらい楽しい日々でした。
2年遅れての大学進学だったので、不安もありましたが、このタイミングで進学したからこそ、出会えた友人やできた経験があり、「この2年間があって良かった」と思えました。
この時に感じたことは、座右の名にもなった「人間万事塞翁が馬」です。
目の前の事象だけで一喜一憂するのではなく、今を受け入れて、できることに取り組むこと。
だからこそ、現実を受け入れて、ありたい姿に向かって取り組み続けることを大切にしたいと考えています。

一生懸命を馬鹿にしない

インオーダーとの出会いは、大学4年の3月。

就活もしていたものの、元々教員を目指していたこともあり、大筋は教員志望で進路を進めていましたが、やはり一度社会に出てから、教員を目指そうと進路変更しました。

当時の面接をしてくれた今の代表の松岡にそのまま伝え、「5年思いっきりやってみたら、分かることがあるからステップとして考えてやってみようか」と話をもらい、入社を決意しました。

入社したはいいものの、正直、仕事というものを甘く見ていました。
入社してから約2年、目標を達成できない日々が続くきます。

元々器用ではなく、人よりも努力しないとできない自分なのは分かっていました。
それでも、「自分こんなにできひんのや」って自分を自分で諦めそうになることもありました。
それでも、今の代表の松岡を始め、上司は絶対にあきらめずにずっとサポートしてくれたました。

同期、後輩からも刺激を受けて、何とか食らいついてきました。
試行錯誤して、前進と後退を繰り返して、やっと達成できました。
先輩は喜んでくれ、泣いて喜んでくれた後輩もいました。

その時に感じたことは、「結果を出すことの大切さ」と「いろんな人に支えられてきた感謝の気持ち」。
結果が出たからこそ、心から自分のやってきたことを肯定できました。
「不器用で結果を出せなかった自分だからこそ、一生懸命に取り組み続ける過程は自分のキャリアになる。」と胸を張って言えます。

だからこそ、一生懸命取り組んでいる人の思いやその歴史、過程をリスペクトしたいと思うようになりました。

過去の経験が今の自分のマネジメントポリシー

現在は、7人のメンバーのチームリーダーとして、仕事に取り組んでいます。
大切にマネジメントポリシーは「一生懸命を馬鹿にしないこと」今できなくても良い。
でもどんな気持ちで仕事に取り組んでいるのか?
どんなことを頑張ろうとしているのか?
お客様にどんな価値を提供したいと思っているのか?
どんなことにつまづいているのか?
それを互いが知って、サポートし合えるチーム作りをしたいです。
それが例え、文句だって構わない。でも前向きに、オープンにやり合いたいです。
だって、そうやった方が達成した時にほんまに喜べるやん!って思うから。
そんなに大きな組織ではないからこそ、一人一人の場の作り方、チームリーダーのチームの作り方で、組織の空気が変わります。
今のチームから、強い組織を作って、このチームで仕事したいな!と思われるチームでいたいと思います。

仕事を熱く語れる親父に

現在、一人男の子の父親です。
親として、1人の人間として、「この人おもろいなー」と思わせられるのが理想です。
子どもが何に影響を受けて、どんなことが好きにあるかも分かりません。自分もそうでした。

でも、人生って大変なこともあるけど、あきらめんとやり続けたら、「おもろいんやな」っと感じれる人にはなって欲しいです。

子どもが20歳になった時に、行きつけの居酒屋でお酒を飲みながら、めんどくさがられながらも、「仕事っていうのはなぁ」と厚かましく子どもに語れる親父でいたいです。

そう考えると、「やっぱり、物事に真剣に、夢中に取り組むことは素晴らしいことだ」と真正面から子どもにも、会社のメンバーにも語れる人でいたいです。
だからこそ、今目の前のことに真剣に取り組み、挑み続けたいと思います。

TAKAYA FUJIOKA’S  BLOG→

MEMBER’S  BLOG→

採用広報 インスタグラム!→

23リクナビ説明会受付中!→

SEE ALL

Benefits.

社内制度&福利厚生

「どう働きたいか」によって
環境を自分たちでつくっていく。

SEE MORE