YUMA TAKANO

  • サブマネージャー
  • 採用コンサルティンググループ京滋エリア

Profile
京都大学卒業後、2008年入社。
なんと、納得いかないと卒論辞退した結果、まずはアルバイト入社となる。
企画、管理からキャリアをスタートする。
2011年リクルーティングプランナーへ異動。
現在は新卒採用領域の責任者に新規事業の責任者も兼任。
年間60社の採用支援、組織風土改革支援を行う傍らで、
商工会議所での講演、コンサルティングファームのセミナー講師等、企業や団体にて、採用、定着、育成をテーマにした講談活動も行う。




入社理由etc

中学3年まで授業中に寝てるのにテストで100点を連発の生徒だった。
なのに、当時通っていた塾で解いた、有名私立の入試過去問にて
100点満点中4点という点数を叩き出し、驚愕する。
完全に心が折れたが、一念発起。
猛烈に勉強し高校受験に臨んだ。

高2の秋には運命の本と出会い、徹夜で読了したその晩に<大学では哲学をしたい>と決め、理系から文系コースへ、学年唯一の「文転」をした。

就活では、自己分析を突き詰めすぎて就活どころか「そもそもなんの為に生きているのだろうか」という無限ループに入りかけるも、インオーダーの説明会で
「こんなにストレートに本当のことを言っている会社、あるんだ」と稲妻に打たれ入社を決意。

思えば、僕のターニングポイントには常に<驚き>と<ワクワク>があった。
そして今でもその驚きとワクワクをきっかけに、自らを変えていく事を求めている。

ウィスキー

7年ほど前「いきつけのバー」という響きに憧れ、(当時の)近所のバーの扉を勇気をもって叩いてからというもの、マスターの人柄に惹かれ通ううちに、どうやらウイスキー、特にスコッチの世界は驚くほど深く、広大に広がっている事に気が付く。
味だけではなくラベル、製法や蒸溜所、歴史など様々なことに興味が広がり完全にハマる。

講じて「ウイスキー検定」3級を取得までした。
毎年誕生日には自分と同い年のスコッチを飲む事が秘かな楽しみ。

↓蒸溜所を直接この目で。

娘との時間

3年前に結婚し、昨年には娘を授かった。
休日にはよく妻と娘と植物園におでかけする。
夫婦ともに人混みが嫌いであることと、娘の発育にとって自然が大切だと信じていることがその理由。

娘はどんな大人になるのか?と、今からワクワクしている。
同時に、もし伝えられるとしたらこの子にどんな事を伝えたいのか?
という真面目な考えもある。

また、もし娘に何かを聞かれたらどう答えられる自分でいるのか?というある種の緊張感もある。

昨日までハイハイしていた娘が次の日いはタッチしている。成長が早い事にびっくりする。

まだまだ娘に成長スピードで負けてはいられない。

ジム

家族を守っていく責任と、かっこいいパパになりたいという願望により、今まで見向きもしていなかった<健康>に最近気を使うようになった。

タバコをやめ、パレオダイエット(食事)をし、ジムに通って筋トレと有酸素運動をするようになった。
やってみると、やった分だけ結果が出るので面白い。
また、習慣で自分を変える ことへの自信もつく。

↓パレオダイエット!

実現したいことのほぼすべてが、自分主体だと気づく

様々な経験の上で、やりたいこと、ありたい自分、ありたい関係性、すべては自分自身によるのだと気付いた。
クライアントへの採用支援と自社の採用活動や取り組みも、育成研修で提供するノウハウと自社メンバーの成長過程も、自分自身の成長と娘に伝えたいことも、対象が<人>や<組織>である限り、その構造は同じか似ている。

変化したいとき、する必要があるとき、自分に起こっていることは、きっと娘やメンバーにも起こる。
自社で起こっていることは、きっとお客様先でも起こっている。
  
まずは変化を恐れず、「自分を賭けてやってみること」を大切にしていきたい。

YUMA TAKANO'S  BLOG→

MEMBER’S  BLOG→

SEE ALL

Benefits.

社内制度&福利厚生

「どう働きたいか」によって
環境を自分たちでつくっていく。

SEE MORE